2010年7月7日水曜日

第一回 オープンソースコード・アワードを発表

KaramanFrazzoli

米国西海岸時間 July 6, 2010

しばらく前に、研究論文に使われるオープンソースのコードを対象に研究者を表彰する「オープンソースコード・アワード」を創設することを決定しました。開発したコードを論文とともに発表・公開することで、ロボット研究における演習がより科学的に向上し、研究の進歩が加速することは間違いありません。このアワードの目的はロボットのオープンソース・コミュニティへ貢献してくれた方々に感謝し、他の研究者のみなさんも同様に貢献されるのを奨励することにあります。

スペインのサラゴサで開催されたRSS2010で、私たちはオープンソースコード・アワードの第一回受賞者を発表しました。今年のRSSで発表された論文の著者を対象に審査が行われ、Sertac KaramanとEmilio Frazzoliが、論文"Incremental Sampling-based Algorithms for Optimal Motion Planning"(最適な行動計画のためのサンプリングによる増分アルゴリズム)に記載されたコードにより、見事受賞しました。これは彼らのRRT(*)ライブラリの公開が評価されたものです。審査委員会は、特にこのコードが論文の理解を促進させること、その再利用性と拡張性について言及していました。さらにこのコードの利用には、オープンソースではないソフトウェアを全く必要としない点も評価を高めました。

今後さらに多くの表彰を行っていくのを楽しみにしています。また、オープンソースを使った論文が増加することを期待しています。

受賞論文(PDF)はこちらでお読みいただけます。

原文