2010年6月17日木曜日

PR2がビリヤード!

米国西海岸時間 June 15, 2010



(上のビデオは日本語字幕がついています。)

ほんの少人数の開発者によるチームの1週間の開発の成果として、PR2がビリヤードをできるようになりました!
「プールシャーク(映画ハスラーより命名)」チームは先週の月曜日に発足し、金曜日からPR2がショットを決められるようになりました。PR2がビリヤード場であなたを打ち負かすようなことすぐにはありません。しかし、金曜日には、(徹夜で疲れきった)チームが祝福のビールを飲もうと決めるまで、5つのショットを決めたんです。

プールシャークチームは先週1週間実に多くの課題に取り組みました。PR2がキューを握るための特殊グリップとブリッジの製作、ボールの検出と位置同定、テーブルの位置推定、ヴィジュアライゼーション(可視化)やインプット用のツール、ショット・セレクターなど他にも多くのものを創りあげました。

オープンソースのビリヤード用ライブラリFastFizを作ってくれたAlon Altmanに心から感謝します。FastFizはビリヤード用の規則や物理エンジンで、プールシャークチームはこれをPR2がどのショットを打つべきかに使いました。今回開発されたコードは早速ビリヤードスタックとして公開されています。

6月はハッカソンの月です。ウィローガレージでは、1週間のハッカソンがあと2つあります。PR2がカートを押しながら片付けることと、冷蔵庫から飲み物を取ってくるというものです。今1つ終わったところ。あと2つです!

これまで行われたハッカソンは